FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月27日 林道富士線

急遽、1日休みがもらえることになりました。
気になる天気も晴れということで、全ての条件がクリアされました。

そこで、今回の林ツーは、林道富士線のリベンジです。
林道富士線は、12月7日に冬季閉鎖されると書いてありました。
半ば諦めかけていた時に恵みの休みと晴天です。

ということで、日本一の山に行ってきました。
それでは、久々の林ツーレポはじめたいと思います。

林道富士線にアクセスするには、素直に富士吉田から突入するか、軽水線ないし、鳴沢線等を経由
してアクセスするかの二通りのパターンがあります。
※この限りではないと思いますが、私の知るところではの話です。

今回は、後者を選択します。
前回の訪れたときは、冬季閉鎖中だった林道鳴沢線からアクセスします。
DSC00663.jpg DSC00664.jpg
鳴沢線は、途中から軽水線の舗装路部分に合流します。
その軽水線?からのお山です。
DSC00665.jpg
念願の富士です。もうなにも言うことはありませんね。
上下の画像は、同じアングルからの拡大と縮小です。
DSC00666.jpg
今日は、朝方だった為、朝日により逆光がすごかったんですよ。
富士を直視できないほどの逆光でしたが、HDR逆光補正があればこのとおりです。

続いて軽水線から別アングルでの富士です。
DSC00668.jpg
気温は、1℃くらいで所々凍結しているし、とても寒かったのですが、
これだけ鮮明に富士が拝めるので、もう嬉しくて仕方ありませんでした。

ちなみに、防寒対策は、真冬用のフル装備できました。
しかし、久しぶりということもあり、それでも寒かったですね。

そして、ついに
DSC00670.jpg
林道富士線終点に到着です。
これから起点に向けて走ります。
その前に、終点からのワンショット
DSC00671.jpg
これだけ富士山頂が大きく見えるのです。
林道富士線は、最高ですね。

しばらくは、林に囲まれた中を走るのですが、所々富士展望が開けます。
DSC00673.jpg

さらに走らせると今度は、全体的に展望が開けます。
DSC00674.jpg DSC00675.jpg
画像の湖は、富士五湖の内どれなんでしょうかね。
方角的には、河口湖あたりでしょうか。
この景色から振り返ると
DSC00677.jpg
富士がいいカンジに見えます。ここが富士線の一番のスポットに認定したいくらいいい景色です。

それからしばらく走らせると、
DSC00685.jpg
DSC00687.jpg
今度は、別の形をした富士山頂が拝めます。
見る方角によって富士山頂の形が変わるのですね。

林道富士線は、さらに別の形の富士山頂を見せてくれます。
DSC00690.jpg
DSC00691.jpg
なんと、林道富士線を走るだけで、3パターンの富士山頂を見ることが出来るのです。
やはり、林道からの景色というのは素晴しいものですね。
つくづく林道の魅力を再確認した今日この頃でした。

そして、林道富士線起点に到着です。
DSC00694.jpg DSC00695.jpg
とにかく冬季閉鎖になる前に来れてよかったの一言に尽きます。
後ろめたさもなく、気兼ねなく撮影できました。

では、次の目的地に向かうとします。
次の目的地は・・・、
DSC00696.jpg DSC00697.jpg
林道愛鷹線です。
ですが、ゲートで封鎖されています。
そこで、近づいてみると
DSC00698.jpg
鍵がされていませんでした。
ということで、突撃です。
DSC00700.jpg
若干、深砂利の部分もありますが、道幅広くとても走りやすいですね。
例えるなら、長野県の林道女沢線から白山トンネルに抜ける林道に似ていますね。
しかし、このあとすぐにゲート封鎖があったので、今度は引き返すことにしました。

この林道に関しては、若干事前情報が不足していました。
急遽の休みだったので下調べが不十分でした。
富士周辺の林道情報は、私の教科書サイトに豊富に掲載されていたのに、活用できなかったのが悔やまれます。

そして、そこから韮崎方面に戻り、甘利山を走ることにしました。
あまりメジャーな林道は聞かないのだけれど、登山者たちには結構名の知れた山みたいです。
途中発見したピストン林道からのワンショットです。
DSC00701.jpg
距離は2~3㌔くらいですね。標識もなにもない林道でした。
ただ、そこから見える景色は秀逸でした。

今日のところは、これで帰路につくことにします。

久しぶりの林ツーで感じたことは、やはりバイクは最高だということですね。
ただ、帰りの道中、泥だけのXRとすれ違い、私のきれいなXRを恥ずかしく思いました。
オフ車というものは、泥だらけにしてなんぼではないでしょうか。

きっとアズラエルならこう言うでしょうね。、
「オフ車は持ってりゃ嬉しいただのコレクションじゃあない、万能なバイクなんですよ。バイクは使わなきゃ。高い金かけて買ったのは使うためでしょ?」
私の場合は、もらい物もですが、アズラエルさんのおっしゃるとおりですね。
もっと、林道を走って泥だらけにしなければ。

とまあ冗談はさておき、今日は寒かったけど、念願の富士の撮影リベンジが叶い感無量ですね。
年内にあと何回行けるかわかりませんが、次は長野か岐阜あたりのお馴染みの林道を走りたい
と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

富士山スゲ〜!!素晴らしい!
高校時代に初めて見て「凄い生え方してる!」って感動したのを思い出しました。
福岡の山とはスケール感が違い過ぎるんですよね(当たり前)。
富士山を見ると、「日本人でよかった!」って思います。

とにかくリベンジ達成おめでとうございます!

Re: No title

> metaさん
こんばんは。

そうですね。確かに富士山は最高です。
しかし、metaさんがお住まいの九州にも私が行ってみたい天空の道がありますよね。
実にうらやましい限りです。

連休があれば、泊りがけで阿蘇山周辺に旅することも私の夢の一つなんですよ。

No title

こんばんは。

あ〜、天空の道ですか。
確かに絶景といえば絶景ですね。雲海が見れると最高です。

そこかしこに名も無い未舗装路がたくさんあるんで、
ソッチの方が楽しいと思いますけどね。
まだGPSなんてものが一般的でない頃、道に迷いながらウロウロしましたねえ。
今は舗装されたり、走れなくなったりしてるみたいですけどねえ・・・

Re: No title

>metaさん
こんばんは。

雲海いいですね~。
ますます、行きたくなりましたよ。
ついでに、未舗装路を探すのも楽しそうですね。

がっつり連休でもとれればいいのですけれど・・・。
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

XRVTR

Author:XRVTR
XR250を駆り、中部地区の林道を中心にして探索していく予定です

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ご意見・ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

林道ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。